アコム 審査

アコムが審査に通さない理由は申し込み者の属性から数字化するスコアリングと
信用情報の照会から与信が出なかったからです。

 

与信というのは「いくらまで貸すことができる」という金額のことです。
与信が出なければ審査に通らないということになるわけです。

 

もし、与信が出たとしてもアコムとの電話での受け答えや、自動契約機での
態度や服装なども審査に影響しますが、大人としてのきちんとした態度や
服装をしていれば、問題はありません。

 

それと、アコムに申し込む際にウソや偽りがあった場合も、審査に影響を及ぼします。

 

一番多い偽りは「他社からの借入件数」です。
審査に落ちたくない一心で件数をごまかしたり、借りている金額を少なく申告したり
するのですが、信用機関に照会すれば一発でわかることです。
うっかりしていたとしても、ウソをつく人と判断されてしまいます。

 

気を付けて下さいね。
正直に受け答えをすることはとても大事なことです。

 

アコムの審査に通らない理由は上記のこと以外で7つありますので
そのどれかに自分が当てはまっているなら、その項目に目を通して頂くと
本当にアコムでは無理なのかどうかがさらにはっきりわかります。
そしてその後の対処をどうしらたよいのかを書いていますので、ぜひ読んでみてください。

 

 

これらのどこかに心当たりがあるならアコムの審査に通るのは、はっきりって難しいと理解して下さい!
当てはまっていないならまず大丈夫でしょう!
3秒診断をしなくてもいいのでアコムの審査に進んでください。

 

 

アコムの審査に通らない理由記事一覧

アコムの審査で重要な属性〜ずばりその人だと特定できる情報

申込み書の記入項目には「一切のムダはありません」基本的に「その人の素性」が浮き彫りになるような属性や確実な裏付けが可能なものは重要ということです。アコムでは属性の中で優としている、年齢、年収、職業、他社の利用件数の「職業」というのは「職種」のことではありません。働いているのか?働いているところで定期...

≫続きを読む

アコムの審査では他からの借り入れの件数は超最重要項目

アコムはキャッシングの利用が何件あれば審査に通って何件で審査に落ちるというのを明言しません!しかし、他社からの借り入れがあるなら返済をできるのかできないのかを収入金額からの数値化とアコム内での蓄積データから数値化していてボーダーを決めています。ボーナスが3回もある大手企業のサラリーマンだって同じです...

≫続きを読む

アコムは年収の3分の1以上の借り入れがあると審査に通りません※総量規制

≪実質年率3.0%〜18.0%≫ ネットでお申し込みOK!審査金利総量規制は消費者金融から借りているお金の合計が年収の3分の1まで住宅ローンや車のローン、銀行のカードローン、ショッピングは含まれません例えば、年収が300万ならキャッシングの総額が100万円が限度ということになります。        ...

≫続きを読む

信用情報への照会件数が多いと審査に通らない可能性が大きい!

≪実質年率3.0%〜18.0%≫ ネットでお申し込みOK!審査金利収入証明融資額最短30分3.0%〜18%借入れの総額により提出する場合があります1万〜800万円即日OK!14時までに必要書類の提出で最短1時間で即日融資照会件数が多いってどういう意味??アコムのキャッシングに申し込むとアコムは信用情...

≫続きを読む

アコムはキャッシング枠の繰り返しの利用を見ています

アコムは信用情報をCICとJICCに照会します他からの借入れはどのような状況なのかが一発でわかります消費者金融からの利用がなくてクレジットカードのキャッシング状況もここで確認することができます。キャッシング枠はいつでもなにかのときに使えるように設定されていますが限度額いっぱいまで出したり入れたりを頻...

≫続きを読む

過去にアコムからの借り入れがあったけどなんらかの理由で払っていない

アコムで過払い金請求をしたことがある・・・金融事故には3種類あります。延滞を繰り返している。アコムにお金を借りたまま、しらばっくれた債務整理をした「任意整理」は裁判所を介さず、あなたと業者が話し合い、毎月の返済額の減免や今後の利息分や延滞損害金をしてもらうことです、要するに「借りたお金をマケて下さい...

≫続きを読む

アコム以外で借り入れがあったけどなんらかの理由で払っていない

アコムは使ったことがないけれど他で金融事故を起こしたことがある場合金融事故は債務整理だけを指すことはなくて、「貸倒」というのがあります。貸倒にはいくつかあるのですが、そのなかに「逃げた!」つまり、行方不明になったというものがあります。消費者金融の金銭貸借には「時効」というものがあって、法律では法人で...

≫続きを読む